キャバリアnoah&crie*crie 手仕事雑記

キャバリア「noah」のときたま日記と刺繍など、crie*crieの仕事と趣味の記録など

公園へ

今日は早起きして、
ちょっと遠くの公園までノアとお散歩。


樹林公園1

森の中に入ると、ぐっと涼しくて気持ちいい!

樹林公園2

広い公園内を歩いていたら、こんなものを発見。

せみのぬけがらが行列してました。

樹林公園3

こんなにきれいに並んでるのはどうして?
誰か人間があとでくっつけたのかなとも思いましたが、

そんな細工もされていない感じ…。


樹林公園4

この行列の少し上にぬけがらの主が
一匹だけとまってました。


樹林公園5

ノアも木陰で休憩。

後ろの原っぱではおじいさんたちが、
少年のごとく、
紙飛行機を飛ばして楽しそうにしてました。

なんとも元気はおじいちゃんたちです。

樹林公園6



「帰ったら、氷食べようね、、、」と言いつつ、帰宅。

この残暑ももう少しの辛抱ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ポスト印象派展へ

先日、六本木の新国立美術館で開催中の
「オルセー美術館展2010 ポスト印象派展」へ行ってきました。

急に行くことになったので、
何の心構えもなく行ったのですが、
ギョギョ!!!!

なんと60分待ちとのこと。

チケットの払い戻しはできませ〜ん!と
チケット販売窓口で冷たく言われ、
覚悟して並ばねば、と思いつつ、進むと…

ほんとうに、す、すごい人、人、人、
日本人ってやっぱり印象派関係好きなんだよね、と
あらためて納得。

ガラスの壁が波打つようにうねった建物は
黒川紀章先生作なんですね。

ぜいたくな空間です。

内側からも建物の作りを眺めつつ、
蒸し暑い中、60分待ちました。

そして、やっとのことで入場。

セザンヌ、ゴッホ、スーラ、ゴーギャン、など
有名どころの作品をはじめ、
これでもかっていうくらいの点数があり、
まあ、待ったかいはあったかなという感じでした。



8月16日までなので、今週はさらに
混むんでしょうね。

10月からはゴッホ展もあるようです。


新国立美術館1

ケータイ写真なので、粗い画像です。

新国立美術館2

行列はこの奥にずっと続いてました。
人のかたまりです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

かおに見えるものなど

夏ばてノア1

連日の猛暑でノアもこんな感じ。

夏バテ気味でしょうか…。

クッションに顔をのっけて、ポケ〜っとしてます。


夏ばてノア2

鼻先が三角のおにぎりに見えてきました。
黒いのはのり!

こう暑いと散歩も、もっぱら夜です。


扇風機のリモコン顔

扇風機のリモコンも顔に見えてしかたがありません。
一度顔に見えると、そこから抜け出せません。


ガードレール顔1

ガードレール。


ガードレール顔1

口がないんですが、なんだかかわいい!!


マンホールふたの顔


これは手ブレ写真ですが、

小さめのマンホールのふた。

さくらですが、どうしても

ねこが5匹、集会してるように見えてしまう…。



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

こどものための刺しゅう--ぱっくんポーチ

ひさしぶりに…、

こどもに刺しゅうを教えてほしいとの要望がありまして、
何が良いかといろいろと考えておりました。

プラ・キャン刺しゅうは前に何回か
こどもたちにも教えたことがありましたが、
講習って時間に限りがあるので、
シンプルで、それでいて魅力がないと
興味をもってもらえない…、

ここがいつもの悩みどころです。

で、


今回はこんなものを考えてみました。

教材にするかどうかはわかりませんが…。

こどものための刺しゅうポーチ1


以前、仕事で使った
パンチングレザーを使ったクロスステッチ。

以前は5番糸でやっていましたが、
今回は毛糸を使用。

パンチングレザーのエナメルの質感と
毛糸の質感に違いが
意外におもしろいように思います。


このくらいのシンプルなものでも
こどもたちに教えていると
あっというまに
時間がなくなりそうです。


口金はバネ式で、いわゆる
ぱっくんポーチです。

関西のおばちゃんばりに
「あめちゃん入れ」にしてもよさそう。



どものための刺しゅうポーチ2

後ろはハートひとつ。



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最小パーツでつくるリード+胴輪

今日は、ノアの新しいオリジナルリードを
手づくりしました。

今回のテーマは
最小のパーツでつくること。

最近、首輪ではなく胴輪の方を
良くしているのですが、
胴輪とリードを別にしなくても
いいのでは…と考えて
このふたつを一体化してみました。

それから、ノアは4歳でもう体型もあまり変わらないので、
胴回りや首回りなど調節する必要がないので、
今まで使っていた胴輪のサイズで固定して作ってしまいました。

こうすると金具等のパーツがたったひとつで
できあがります。


必要なのは、テープ用のバックル1個と
テープとリボン。3種類でOKです。

手づくりリード+胴輪01

テープ用のバックルは2cm幅用のものを用意。
道具はミシンと定規、はさみ、クリップなど。

手づくりリード+胴輪02

テープは2cm幅のアクリルテープを使用し、
3種類の長さにカットして
表側にリボンを縫い付けました。

1本目は44cm。(短)
2本目は85cm。(中)
3本目は160cm.(長)
合計約3m必要でした。

もちろんうちのワンコに合わせたサイズですので、
参考までに寸法を入れておきます。

ここまでできればあとは
カンタンです!

づくりリード+胴輪03

(中)のテープが同輪の部分になり、
このテープの両端にバックルを付けて
着脱できるようにしますが、
このテープの片側に首にかける(短)のテープを
挟み込んでミシンで縫います。

写真は右側の部分を作っている所。
最初に右端にバックルの凹部分を通して、テープを
裏側に19cmくらい折り返し、写真のように
間に(短)テープを挟み込みます。


づくりリード+胴輪04

そしてミシンでしっかり縫いとめます。

づくりリード+胴輪05

テープの端の所もしっかり縫っておきます。

手づくりリード+胴輪06

(中)テープの反対側には凸のバックルを通して、
10cmくらい折り返して、ミシンでしっかり縫います。

手づくりリード+胴輪07手づくりリード+胴輪08

縫い終わったところ。

手づくりリード+胴輪09

これで胴輪の部分が完成です。
後はリードになる所を仕上げるだけ!


手づくりリード+胴輪10

(長)テープの端を写真のように(中)にかけます。
裏へ7cmくらい折り返し、ミシンでしっかり縫います。

手づくりリード+胴輪11手づくりリード+胴輪12

ここは力がかかる所だから、しっかりさせるため、
3ケ所ほどミシンをかけてあります。

手づくりリード+胴輪13

最後にリード部分の持ち手側の処理。

輪を作りますが、
ちょっと工夫して
テープが直角に交差するようにしてみました。

こうすると手をサッと入れやすいのではと
思ったので、やってみました。


手づくりリード+胴輪16


手づくりリード+胴輪14

こちらが完成したところ。
所用時間は30分くらい。


手づくりリード+胴輪15

ノアに付けたところ。
テスト散歩に行ってみないといけません。










このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る