キャバリアnoah&crie*crie 手仕事雑記

キャバリア「noah」のときたま日記と刺繍など、crie*crieの仕事と趣味の記録など

ピルタナウハ織り

ピルタナウハ1

先日、森のこぶたさんで開催された
フィンランドの伝統手芸「ピルタナウハ織り」の
ワークショップに参加。
何の知識もなく、参加したのですが、
これが結構楽しかったわけで…。

講師はフィンランド出身の二人組TAKKUさんです。
日本語がしゃべれて良かった〜!


ピルタナウハ2


木製のシンプルな織り機を使って、細めのウールで織りますが、
糸を椅子の足と自分のおなかにとめて織るという、
何だか不思議なスタイル。

最初に織り機に縦糸をセットするのがちょっと大変ですが、
織りそのものは織り機を上下移動するというシンプルなもの。
糸の締め具合を揃えるのが初心者にはむずかしいですが、
どんどん織れていくのが楽しくなってきます。


ピルタナウハ3

ピルタナウハ5


約2時間。残りはおうちで、ということで、
最後の処理は今ひとつわかりませんでしたが、
両端は糸をくるくる巻きつけて完成!

幅が一定でないのが、さすが初心者。

自宅に帰って、他の糸で適当な模様を考えて2本作ってみました。

初心者はあんまり幅広は無理だよ〜とぼやきながら
細めのものにチャレンジ!


ピルタナウハ4

いろいろ調べてみると
カード織りというものもあったので、
早速キット本を購入!

ただいま制作中です。



いちご大福1

こちらは、いただきもののいちご大福。
パッケージがとってもかわいい。

いちご大福2


そして中身のいちごもしっかり熟して、
みずみずしくてめちゃおいしかったです。
おつかいものにも良さそう。

おいしいおやつをごちそうさまでした m(_ _)m

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ピンクッション新作

マウスのピンクッション1


前回の花のピンクッションに引き続き、
プリント地を使った
マウスのピンクッション。


本体の構造はいたってシンプルで、
ミシンで1回縫うだけです。

おしりのしっぽの部分、
耳と目鼻、ひげの付け方は
いろいろと試行錯誤を繰り返し、
こんな感じに落ち着きました。

マウスのピンクッション2

マウス以外にも他の動物で
できるかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ぷっくりピンクッション

花のピンクッション4


いろいろな種類のピンクッションを制作していますが、
今回はプリント地で作った
ピンクッション。

リバティーのプリント地で6つに分けて作るものが
良くみかけられますが、
今回作ったのは、小さめサイズなので4分割に。

渡した糸は刺繍糸を使っています。

プリント地はブルーがさわやかな
ソレイアードのものと、後は
適当なハギレのプリント地です。


作り方はとってもかんたん。

中表に2枚の布を合わせて、丸く縫い、
返し口から表に返して、
わたをつめて口をとじます。

わたはしっかりめにつめた方が
ぷっくり感がでてかわいくなります。


あとは糸を写真のように渡して
中心にボタンをつけて完成!





以前購入した白の陶器があったので、
セットしてみたら、ぴったりサイズ!

ついでにマチ針もビーズを足して
ちょっとグレードアップさせてみました。


かわいい布を探して
たくさん作りたくなるピンクッションです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る